疲労回復効果

身体のだるさや重さなど、疲労の症状を感じる時は、「乳酸」という疲労物質が体内に蓄積していることが証拠です。

人間は体内でブドウ糖をエネルギーに変えることで、活動していますが、ブドウ糖が燃焼した後に残るカスが乳酸という疲労物質です。

乳酸は通常なら、代謝によって自然と消費されますが、代謝機能が衰えると、乳酸が筋肉や肝臓に溜まり、疲労感を感じるようになります。

乳酸が蓄積されると、肩こりや冷え、頭痛など、様々な身体の不調へと繋がっていきます。

疲労を解消するためには、疲労物質の乳酸を身体にためこまないことと、乳酸を身体の外に排出することが大切です。

香醋の疲労回復効果

香醋に含まれるクエン酸は、疲労回復効果があると言われています。

その理由は、クエン酸が疲労物質である乳酸をエネルギーに変える働きがあるからです。

また、同時に乳酸が蓄積されにくい身体作りにも、クエン酸は大きな力を発揮します。

香醋に含まれる色素「ネラノイジン」は、体内の血行を促進し、乳酸による身体のコリや冷えを改善する効果があります。

その他にも、香醋に豊富に含まれるアミノ酸も、身体機能を正常に稼働させる働きがあるため疲労回復に効果があると言われています。

Copyright © 2010 香醋ランキング-効果と副作用 All Rights Reserved.