香酢の効果と副作用

香酢は豊富なアミノ酸含有量が特徴の1つですが、ただ豊富なだけでなくバランスよく含まれているというのが重要な点です。

そのため、様々な効果・効能が期待され、大変注目を浴びています。

アミノ酸以外にも、香酢に含まれるクエン酸は、疲労回復効果やダイエット効果が期待できると言われています。

このページでは、具体的に、香酢にどのような効果があるのか紹介していきます。

香酢で健康に

香酢に含まれるアミノ酸の1つである、アルギニンには、一酸化窒素を作り出す効果があります。

一酸化窒素は体内の血管を拡張する作用があり、血流を改善し、ドロドロの血液をサラサラに変えてくれる働きをします。

血液がサラサラになれば、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができます。

また、酢にふくまれるアンジオテンシン変換酵素(ACE)と呼ばれる酵素の効果により、血圧の上昇を抑え、高血圧の予防に有効であることも確認されています。

その他にも、香酢には、酸味の主成分である酢酸やクエン酸は疲労を回復する効果があり、アルコールを分解し、肝臓をサポートする作用もあるので、事前に香酢を飲んでおけば、2日酔いの予防の効果もあるのです。

美肌・ダイエット効果も

香酢には、肌荒れの原因となる、過酸化脂質の増加を防ぎ、肌を健やかな状態に保つ効果があります。

また、ビタミンCを破壊する酵素の働きを抑える効果があり、ハリツヤのもととなるコラーゲンの生産も促進するので、弾力のある美白、美肌を実現してくれます。

香酢に含まれるクエン酸とアミノ酸は、それぞれダイエット効果を持ちあわせています。

クエン酸は、脂肪の蓄積を防いで、肥満を予防する効果があります。

アミノ酸は脂肪を燃焼し、ダイエット効果を向上する働きを持ち、香酢を摂ることで、肥満予防と脂肪燃焼の両方の効果を得ることができるので、非常に効率がよく、ダイエットに有効なのです。

香酢の副作用

香酢って本当にこんなに良いことばかりなの? と思った方も多いと思います。

実際に飲む前に、副作用などの心配が本当にないか、気にされる方もいるようです。

香酢は医薬品ではなく、食品なので、副作用はありません。安心してお飲みいただけます。

ただし、お酢は、体内で弱アルカリ性になる食品ですが、単体では酸性の食品です。

胃の弱い人は、飲む量に注意をしたり、食後の胃が活発に活動している時に飲むと負担が少なく安心です。

Copyright © 2010 香醋ランキング-効果と副作用 All Rights Reserved.