香醋と黒酢の違い

香醋とは、中国で古くから作られている、伝統的な黒酢のことを言います。

日本で作られている黒酢も、歴史が古く、およそ200年前の江戸時代後期から作られていると言われています。

黒酢は、健康や美容に効果があると広く認識され、近年の健康ブームで大変注目されました。

中国の香醋と日本の黒酢、どちらも同じ黒酢のようですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

原料と製造方法

中国の香醋も黒酢の一種ですが、日本の黒酢と比べると、原料や製造方法に大きな違いが見られます。

日本の黒酢は、玄米や大麦を原料に作られますが、香醋はそれ以外にも、もち米やコーリャン、小麦やあわ、もみ殻、ふすまなど、様々なものを原料としています。

製造方法に関しては、日本の黒酢は、原料を1つの壺に入れて、1年~3年かけて熟成・発酵させていきます。この時、形状は液体の状態で酢酸発酵が進みます。

香醋は、水分をほとんど含まないまま、熟成・発酵させる固形発酵と呼ばれる、酢酸発酵法で製造されます。

そのため発酵期間が長く必要となり、5年~8年程度熟成させたものも、珍しくありません。

香醋の豊富なアミノ酸

香醋と日本の黒酢の違いを考える時、最も大きな違いは、「アミノ酸含有量」です。

もち米を原料として作られる香醋は、アミノ酸含有量が非常に多く、日本の米酢の約20倍、黒酢の約3倍と言われるほどのアミノ酸を含んでいます。

香醋は、発酵・熟成期間が長いことが1つの特徴ですが、その期間が長ければ長いほど、アミノ酸の量は増え続け、8年熟成させた香醋には、米酢の約25倍ものアミノ酸が含まれています。

また、含まれるアミノ酸の種類も豊富で、人体を構成する20種類のアミノ酸のすべてを含有しているというのも、注目すべき点です。

Copyright © 2010 香醋ランキング-効果と副作用 All Rights Reserved.